居酒屋とは、その名の通りお酒を飲む場所です。というのは過去の話で、現在ではしっかりと食事をとることができる、あるいは料理を売りにしている居酒屋が多々見受けられるようになりました。かつての典型的なイメージは、いわゆる「おじさん」がつまみと共に日本酒や焼酎を飲んでいる、そんな感じではないでしょうか。そこは女性や若い人が入りにくい雰囲気がありました。

でも行ってみたい、と考える若者や女性側と、新たな客層を求める店側との利害がピタリと一致して、今日のような居酒屋が人気となり急速に数を増やして行ったのです。先に述べたように、食事が売りというのがその最たる特徴だと言えます。お酒を飲みたいけれどしっかりと食事もしたい、またはお酒はあまり飲めないけれど居酒屋に行ってみたい、という人々(特に女性)の願いを叶えるためです。お酒を飲みたい人と飲めない人が、同時に楽しむことができる場所であるというのも利点です。

食事をしながらお酒を飲むということになると、店の居心地も大変重要となってきます。その為、今日ではおしゃれな内装、座り心地の良い椅子、個室などを兼ね備えた店舗が主流です。居心地が悪ければ客は同じ店に二度と足を運ばないでしょう。星の数ほどある店の中からただ他の店を選べばいいだけですから。

店側としては大変ですが、客側としては居心地のいい店でゆっくりと美味しい食事とお酒を楽しめるというのは、ありがたいことです。居酒屋は、ますます私たちにとって便利で居心地のいい場所になるでしょう。